プロフィール
生梅
Nama Ume

profilephoto


2010年 4月 結成
2010年11月 CCE JAPAN主催シャムロック祭にて観客投票による「ベストパフォーマンス賞」受賞
2011年 3月 CD「生梅開店」を自主製作
2011年 3月 第1回関西ライブツアー〜生梅、西へ行く〜
2011年 8月 第2回関西ライブツアー
2012年 3月 第3回関西ライブツアー〜何度でも関西〜
2012年 9月 2nd CD 「生梅の旅」を製作
Music Magazine9月号、Latina10月号、Stereo 10月号にCDレビューが掲載される。
まちテレ(町田市広報番組)でCD中の曲が使用される。
2012年11月 第4回関西ライブツアー


人間平均身長155.1cm
楽器総重量10.1kg
デュオ名は2人の名前から。


【中原直生(なかはらなおみ)Uilleann Pipes、Whistles】

小学3年生の時に習い始めたタップダンスがきっかけでアイリッシュダンスを知り、その音楽に惹かれる
2008年春にホイッスルを、冬にイーリアンパイプスを始める
2009年にはアイルランドで行われたサマースクールに参加
2010年からセットダンスを始め、翌年にはシャンノース(古いスタイルのステップダンス)にも手というか足を出す
第1回から第3回までの「ICF(Intercollegiate Celtic Festival)」の代表を務める
アイリッシュバンド「John John Festival」のサポートメンバー
山口県下関市出身、東京芸術大学音楽学部楽理科卒業


【梅田千晶(うめだちあき)Harp】

2005年よりハープを始める。いろいろなハープの演奏スタイルに惹かれ、
クラッシックに始まりアイリッシュ、アルパ、ジャズハープ(古佐小基司氏)等、
多くのワークショップに参加。
アイルランドでハープはKathleen Loughnane、Janet Harbison両氏に師事。
 
スウェーデンではニッケルハルパ奏者のLeif Alpsjo氏より伝統音楽を学び
VikstaのSpelmansstämma(音楽のフェスティバルのようなもの)では
スウェーデン音楽をハープソロで演奏。

都内及び関西で活躍するアイリッシュミュージシャンとの共演多数。
2011年秋には豊田耕三氏(アイリッシュフルート)と平和祈念展示資料室での演奏や
シンガーソングライターAkeboshi氏のオープニングアクトをつとめた。
アイルランド、スウェーデン両国の大使館イベント等
都内を中心にアイリッシュパブやカフェでのライブを行っている。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

生梅の旅 試聴

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM