雑誌掲載されました

  • 2012.09.24 Monday
  • 21:40
 「生梅の旅」、実は先月ミュージックマガジンという雑誌で
CDレビューのところに掲載されていたのですが、
ついついお知らせしそびれてしまいました・・・。

しかし今月は忘れないぞということで、意を決して本屋にGO!
LATINA(ラティーナ)という音楽情報誌の10月号のCDレビュー欄に掲載されています。
「お互いの楽器の特徴を絶妙に引き立て合った好作品」との評。この一言が嬉しいです。

生梅の結成は、とあるケルト系イベントで、参加者を集めていた時に
アイリッシュフルート奏者の何気ない一言から始まっています。
「アイルランドを代表する楽器、ハープとパイプスの出場者がいないので
二人で組んでなんかやってよ」

ずっとふいごで空気を送り続ける限り音の続くイーリアンパイプス
弾いた瞬間から音が消えるハープ

正反対といっても良い組合せなのに、あまり悩まず楽しくやってこれたのは
本国でも珍しい組合せゆえに、参考にするものがほとんど無かったから
かえって自由にやれたのかなーとも思います。

二つの楽器の組合せの他にも、ハープでは少しこだわっていることがあります。

アイルランドでハープは、ハープ本来のイメージであるゆったりとした癒される響きを大事にする一方で、
早いダンス曲を弾くこと、右手はトリプレットなどの装飾を随所に入れ、
左手は弦を止めながら弾くテクニックを使いリズム感を出す、
そういったエキサイティングな弾き方が人気を得ています。
なかなか、日本では見ることの少ないスタイルなのですが
私は、もともとダンス曲もカッコよく弾けるハープの意外さに惹かれて
アイルランドの音楽を弾くようになった一人。

生梅では、そういったハープの一面を少しでも感じてもらえたらいいなぁと思っています。


今月号の特集記事の中には、アイルランド音楽の大御所
チーフタンズも見開き大きな写真入りで掲載されていますので
是非是非、お手にとって見てくださいませ!

スポンサーサイト

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 21:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    生梅の旅 試聴

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM